FFRK 超越 冥界を統べし暴帝 攻略!苦労したけど、タイミングを合わせてクリア♪

FFRK 超越 冥界を統べし暴帝 攻略 皇帝 超越の間
スポンサーリンク

超越の間、冥界を統べし暴帝をクリアしました!

複数属性で限界突破ダメージを出さないといけない、ということで苦労しました。

 

しかし、タイミングが分かってしまえば。。。

いい感じに攻略することができましたよ!

 

ウボァーー!!

スポンサーリンク

編成

FFRK 超越 冥界を統べし暴帝 攻略 皇帝

  • デュース・・・超絶(コンチェルトff、ヴィヴァーチェ)
  • レム・・・シンクロ、覚醒
  • シンク・・・超絶、シンクロ
  • エース・・・シリーズチェイン、覚醒
  • ウララ・・・★6閃技、バースト、超絶(マギカ・アルブム)

ヒストリアクリスタルLv99+限界突破

 

複数属性をそろえないといけないということで、シリーズチェインがあって、アタッカーたちが強力な零式編成としました。

零式編成なので、魔石じゃなくてヒストリアクリスタルを使用。

 

あとは、1番目と5番目にマヒが飛んでくるので、精神が高い2人を配置しています。

ステータス

FFRK 超越 冥界を統べし暴帝 攻略 皇帝

ヒストリアクリスタル

FFRK 超越 冥界を統べし暴帝 攻略 皇帝

結晶水

HP、魔力or精神or力、防御、魔法防御に全振り。

だったと思います。

マギアポイント

HPは全員100使っています。

あとは、アタッカーはそれぞれの火力アップに使用。

ウララは精神に使っています。

レコードボード

レム、エースはほぼ全開放。

ウララもほとんど全開放。

シンクとデュースは未開放だったかな?

スポンサーリンク

行動

ポイントは時間です。

7秒あたりで最初の「裁きの天秤」が飛んできます。

大幅に火力をカットされますが、ここは耐え忍びます。

 

5秒で解除されるので、12秒くらいから一気に攻めていきます。

 

20秒くらいでフレンド召喚。21秒前後の裁きの天秤を回避します。

あとは、踏みとどまるを切らさないようにゴリゴリと削るのみ!です。

デュース

デスペル→シャインブラスト後にヴィヴァーチェ。

継続ダメージをカットします。

その後は、女神の聖歌でレムの攻撃力を上げながら、デスペル。

踏みとどまるが切れたらコンチェルトffで踏みとどまる。

 

また、フレンド召喚やヒストリアクリスタルも担当します。

ヒストリアクリスタルはリミットチェイン開始後に発動。

レム

ひたすらデディアジャでゲージをためて、エースのリミットチェイン後にシンクロ。

そのまま覚醒→アスピルベノム連打。

ひたすらアスピルベノム連打。

シンク

クエイクスイング→グランドチャージでチャージを2段階ためる→クエイクスイング。

リミットチェインに合わせて超絶→シンクロ。

左シンクロアビリティと右シンクロアビリティを交互に。

エース

専用アビリティでゲージをためて、12秒くらいでリミットチェイン発動。

続いて覚醒発動。

ひたすら専用アビリティ連打。

ウララ

★6閃技→パッションサルサ→アレグロコンモート。

早めにバーストで踏みとどまる。

パッションサルサとアレグロコンモートを交互に使いつつ、マギカ・アルブムで回復と継続ダメージ解除。

 

 

最初から一気呵成に攻めるパターンも試しましたし、7秒までにフレンド召喚を使うパターンも試しました。

しかし、どうもうまくいかず。

 

12秒から一気に攻め立てるパターンに変えたところ、無事に勝つことができました。

FFRK 超越 冥界を統べし暴帝 攻略 皇帝

お決まりのセリフで沈んでいきましたね。

タイムは30.27秒。

惜しいなぁ!

 

もうちょっとで30秒切れたのに。

 

でも、いい感じに気持ちよく勝つことができました!

スポンサーリンク

超越の間はあと3つ。一気に行きたいが。。。

超越の間はあと3つ。

  • 三闘神
  • カオス
  • ロングイ

ちょっとしてみたんですけどね。。。どれも厳しい!

厳しいですよっ!

 

今回の開放中に倒せるかな。。。



記事がお役に立ちましたら、応援クリックをよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

たまねぎ著「桃に入った桃太郎」、大好評♪
↓ ↓ ↓

★桃に入った桃太郎~桃太郎誕生の秘密★

大人も楽しめる感動の名作。
天界と地獄を巻き込む壮大なストーリーで、桃太郎が桃から生まれた秘密に迫ります。

たまねぎ特製ラインスタンプ、発売中です♪
↓ ↓ ↓
★たまねぎ特製ラインスタンプをチェック!★

コメント

タイトルとURLをコピーしました